加賀野菜

長細いのが青首大根、太くてころっとしているのが源助大根です。
源助大根は加賀野菜で、肉質が柔らかくて煮崩れしにくいなど、おでんに最適。
こあきでも、おでんに使っています。

氷見の干物

昨日の魚は食べないのが常識とまで言われる氷見でも、干物は作られています。
これがまた、必要以上に新鮮な魚で作ると、干物もここまで美味しいのかという旨味の宝庫。
なんの干物があるかは、季節次第です。

11月なので冬メニュー

11月に突入ですね。
先日からちょっとずつ試作している冬メニューを本格的に始めます。
湯豆腐、一人鍋は毎日ありますよ。試作といえば豚バラ天もレギュラー入り。
本日より、冬の居酒屋メニューはじめます。

インカのめざめ

「インカのめざめ」という品種のジャガイモがあるんですけど、結構黄色いんです。
先日仕入れたので、ポテサラを作りました。作った時は、確かに黄色いけどポテサラにするとわからないよねぇなんて思ってたんです……。
インカのめざめのポテサラがこれ。

写真を探してみたんですが、下は「男爵」のポテサラかなぁ……。色、全然違ってました。

トリッパ仕込み中

居酒屋タイムでちょっと出してみたら、そのまま定着。
おかわりやら、ご飯はある?と聞かれるトリッパです。
今日もたんと仕込みました。

いつものととぼち

県外のお客様には、まだまだ「ととぼち」ってなんですか?と聞かれます。
すり身揚げなんですが、魚のすり身の他、具に自作のキンピラ、煮たひじき、ネギ、生姜を入れています。
すり身の原料になる魚の種類によっても食感が結構変わります。
こういうなにげない魚の加工品が美味しいのも富山県ならではですね。

引き続き長芋スライス

スライスした長芋を酢の物っぽくするといえば、金時草も使うことがあります。
三杯酢とカボスの果汁を少し。最初は真っ白なんですが、時間が経つと鮮やかな紫になります。
色が変わるのが楽しくて、つい作ってしまいます。